FC2ブログ

えっころネット活動記録

こんにちは!えっころネットです!えっころネットでは、高知県西部に位置する幡多地域で、医療・福祉・介護の専門職、関係機関が集まって、ボランティア活動をしています。当ブログでは活動の内容を皆様に紹介したいと思います。

久保川地区活動

令和2年11月8日(日)Am9:00~

【内容】
・9:00~血圧測定
・9:10~ラジオ体操
・9:15~ストレッチ・嚥下体操・脳トレ体操
・9:40~水分補給・談話
・9:50~脳トレ
・10:10~割りばし倒し
・10:20~脳トレ
・11:00~食事
・11:40~解散


①

②
11月に入ったところですが、そろそろ集会所の前のイチョウも色づき始めていました。 本日もよしこさん、ひさよさんはお休み。よしこさんは先々月から休みで、ひさよさんは先月に続いての休みなので少し心配です。関さんが少し遅れて参加してくれて、8名での活動でした。

③
いつものように血圧測定のあと“体操ブーブー”でのラジオ体操を実施。“体操ブーブー”の音が小さいと感じていましたが、本日は割と大きく聞こえました。その日の機嫌でしょうか。

④
続いてストレッチやちょっとした運動もおこない、身体をほぐしました。肌寒い朝でしたが、体を動かすと温かくなり、皆さん次々と服を脱いで軽くなりました。

⑤
脳トレ体操は“チョキと鉄砲”から行いましたが、左右の手の動きを入れ替えるのにかなり苦戦。“チョキとキツネ”は、左右入れ替えずに両手で動きだけを入れ替えて行いましたが、それでも結構難しかったようです。

⑥
他、手はグーチョキパー、足は片足ずつ前に出すものなど、手の動きと足の動きで拍子が違うものも取り入れてみました。難しいながらも皆さん頑張ってくれ、最後は嚥下体操で終わりました。 そのあとは、お茶とオヤツをいただいて小休憩をはさんだあと、脳トレにはいりました。恒例の記憶問題を覚えてもらってから別の問題をしてもらいました。干支の漢字の読み方と何番目かを答える問題では、何番目かは毎回干支順に数えてからでないと分かりませんでした(笑)。魚へんの漢字の読み方はスラスラと正答が続き、さすがです。記憶問題の答え合わせをするまでに、今度はレクとして割り箸倒しを行いました。

⑧
おじゃみを積み上げた真ん中に割り箸を置いて、順番におじゃみ一つずつ取っていって、割り箸を倒した人が負けというゲームです。おじゃみの取り方には個性が出て、安全な方を選んで取る人もいれば攻める取り方の人もいて、ハラハラドキドキ。負けた人が歌をうたうのですが、皆が一緒に歌うので歌が苦手な人でも気にならない雰囲気です。ゲームでも盛り上がりましたが、一緒に歌う事で一体感があって楽しかったです。

⑨
そして記憶問題の答え合わせ。覚えてもらってからはかなり時間が経っていましたが、6つまではすぐに答えが出たので驚きでした。皆さんの脳年齢は若い!続けて脳トレ問題をいくつかして、昼食の時間としました。

CIMG2105-2.jpg
今回は綾子さんのご主人とやすこさんのご主人は不参加。本日のメニューは炊き込みご飯に白和え、具たくさんのお味噌汁、お漬物に梅干し。デザートには柿とリンゴ、羊羹など。炊き込みご飯は鯛の出汁で、鯛の身も入っていてとても美味しかったです。お味噌汁は皆さんの家で採れた野菜が沢山入っていて、身体が芯から温まりました。食事をしながら野菜の話や料理の話を聞き、とても勉強になります。 毎回の食事の準備は大変だと思いますが、皆さん協力して行ってくれています。
次回は忘年会をする予定なので、またまた料理が楽しみです。



スポンサーサイト



地区学習会(有岡地区)

開催日:令和2年11月2日(月)
場  所:有岡地区集会所
対象者:健康福祉委員会
内  容:転倒予防予防について
担当者:米津
参加者:8名


①
 初めて、有岡地区に行かせて頂きました。代表の方に丁寧に場所を説明してもらっているにも関わらず、迷ってしまい、わざわざ国道まで出てきてもらいました。

女性のみ8名の参加でした。
転倒の原因を1つ1つ説明しながら、肩凝り体操と片足立ち、踵上げをしました。
暑い時期には脱水予防の話をしますが、これから寒くなりますので、ヒートショックについての話をしました。
交通事故より家庭内事故の死亡者が多く、ヒートショックは高齢者の家庭内事故の三大原因の1つです。
皆さんが熱心に参加され、私の質問にも積極的に答えてくれ、熱が入り、終了時間を10分オーバーしてしまいました。
そして、帰るとき、皆さんが窓から手を降り見送って下さいました。とても暖かい気持ちになり、元気をもらいました。

地区学習会(西土佐薮ヶ市地区)

開催日:令和2年11月1日(日)Pm13:30~
場  所:薮ヶ市地区集会所
対象者:健康福祉委員会
内  容:認知症予防について
担当者:芝
参加者:8名


①
今回は、西土佐薮ヶ市地区で活動しました。薮ヶ市地区は初めての地区でした。西土佐に入り、さらに山道を10キロほど入ったところにある地区です。この地区で活動するのは初めてでしたので、先ずは「えっころネット」の団体の紹介、活動内容などを紹介し、学習会に入りました。今回のテーマも認知症予防についてです。内容としてはいつものように

・認知症の物忘れと加齢による物忘れの違い、特徴
・認知症の症状
・認知症高齢者の推移
・予防していくための生活の送り方
・運動を行う時のポイント
・脳トレ体操、ゲーム

です。農作業で忙しく、参加者は8名と少し少なかったですが、皆さんとても真剣に聞いてくれました。話の合間に脳トレ体操をしました。指体操を中心に「でんでんむしむし」や「スリスリトントン」、「一人じゃんけん」などを行ったのですが、皆さん思うように指が動かず大苦戦。大笑いしながら行いました。話の最期に、水分をキチンと摂って、脱水に気を付ける事、運動を心がける事、そして、このように集うことが何よりの認知症予防であることを伝えました。質問では、運動の仕方や日々の生活の送り方についての意見があり、やはり認知症に対する関心度は高いと感じました。とても分かりやすく良かったとの感想をいただき、また来てもらいたいとの要望がありましたので、来年調整してお邪魔したいと思います。

久保川地区活動

令和2年10月18日(日)Am9:00~

【内容】
・9:00~血圧測定
・9:10~ラジオ体操
・9:15~ストレッチ・嚥下体操・脳トレ体操
・9:40~水分補給・談話
・10:00~脳トレ
・10:40~風船バレー
・11:00~食事
・11:50~解散


_convert_20201019174859.jpg
10月も半ばを過ぎ、例年よりは気温が低い日々が続いていますが、本日も朝から皆さん集まってくれていました。 本日は、よしこさん、ひさよさん、関さんの3名がお休みでしたが、7名は元気に参加してくれました。綾子さんも少し遅れて復帰2回目の参加。

_convert_20201019174925.jpg

_convert_20201019175004.jpg
血圧測定のあとは最近の恒例になった“体操ブーブー”でラジオ体操をおこないました。
寒くなって身体が硬くなってきているので、かなりよい全身運動になりました。その後はゆっくりとストレッチ。皆さん身体のゴリゴリがほぐせたようです。

_convert_20201019175045.jpg
続いて脳トレ体操。今回は耳鼻チェンジから行いましたが、手を入れ替えると両方の耳を持ったり、自分の鼻がどこだか分からなくなる人が続出し、大笑いしながら行えました。それから、何度もおこなっている“でんでんむし”。慣れてきているかなと思いきや、結構苦戦されていたので、これも笑っておこなえました。続いて、“グーチョキパー体操”。これはグーチョキパーと手を交互に出しながら、出していない方の手は親指を立てて胸にあてるもの。最初は「グー、チョキ、パー」の掛け声でおこない、そのあとは数をかぞえながらおこなってみると少し混乱していたようですが、頑張っておこなってくれました。

_convert_20201019175107.jpg
その後は、水分補給とおやつをいただきながら少し休憩し、最近の出来事や農作物のことなどの情報交換をしていました。こういう時間も、とても大切です。

_convert_20201019175128.jpg
脳トレ問題にはいりましたが、この間も、いつものように皆さんの昼食を作ってくれています。

_convert_20201019175201.jpg
いつもの記憶問題から始めて、ひらがなクロスワード、言葉作り、時刻の問題などをおこない、最後に記憶問題の答え合わせ。皆さんに一つずつ順番に答えてもらうようにしましたが、8つの答えがすんなりと出て来ました。あまりにも早く答えが出たので、次からは問題を10個にしようかと思ったくらいでした。
脳トレを終えて、ご飯前に少し身体を動かすため、風船バレーをおこないました。風船が飛んで来ると自動的・反射的に身体が動いていしまうようで、終わりの合図に気づかないくらい夢中でおこなっていました。久しぶりの風船バレーも楽しんでもらえたようです。

_convert_20201019175223.jpg
そして本日の昼食タイム。前回から、綾子さんのご主人とやすこさんのご主人も食事に参加してくれています。綾子さんのご主人のリクエストでぜんざいもありました。本日のメニューは綾子さんちの新米の白ご飯に、かき揚げ、川エビの天ぷら、白和え、四方竹の酢味噌和え、具たくさんのお味噌汁、お漬物。デザートにはコーヒーゼリー、ぜんざい、リンゴ、新高梨、みかんと、デザートも沢山。新米の白ご飯は噛むと甘みや旨味があり、四方竹の酢味噌和えやお漬物だけで十分なくらいの美味しさ。サクサクのかき揚げと川エビの天ぷらも、箸が止まらないくらい食べてしまいました。 体操や脳トレ、レクも楽しみながらおこなってくれていると思いますが、やはり一番の楽しみは食事のようです。

_convert_20201019175243.jpg
食は皆を元気にしてくれ、食事で皆のつながりが深まっているような印象です。

次回は、11月8日(日)9:00~です!






地区学習会(岩間地区)

開催日:令和2年10月18日(にと)Pm13:30~
場  所:岩間地区集会所
対象者:健康福祉委員会
内  容:認知症予防について
担当者:芝
参加者:15名


20201018_125615_convert_20201019175328.jpg

20201018_144043_convert_20201019175351.jpg
今回は、四万十市岩間地区で活動しました。この地区で活動するのは初めてでしたので、学習会に入る前に「えっころネット」の団体の紹介、活動内容などを話しました。学習会のテーマ認知症予防についてです。内容としては以下

・認知症の物忘れと加齢による物忘れの違い、特徴
・認知症の症状
・認知症高齢者の推移
・予防について
・生活の送り方で気を付ける事
・脳トレ体操、ゲーム

等を伝えました。代表の方から事前に、実際に認知症の対応、お世話をしている方が数名参加する事を聞いていましたの、一般的な認知症の方への接し方、対応なども話しました。皆さんメモを取るなどして、とても真剣に聞いてくれました。話の合間で行った脳トレ体操も、皆さん思った以上に体が動かず苦戦していましたが、笑いも多く、沢山頭も使いました。ぜひ地区の集まりで伝えた体操を行ってもらいたいと思いました。
質疑応答では、「母親をショートステイに預けたいが、環境が変わることで認知症が進行するのではないか?」や「被害妄想など、認知症の方に接する時にはどのように接すればよいのか?」などの質問があがりました。環境の変化がもたらす影響などを伝えた上で、介護者の休息も必要で、介護から離れる時間も作ることが大切であること、介護に対してしんどくなっていないようであれば、ショートステイも短い期間からはじめてはどうかなどを伝えました。そして、地域で支えていく時には、包括支援センターや社協の職員の方にも相談しながら、地域で支えていく事が大切であることを伝えました。
また学習会を開催してもらいたいとの依頼がありましたので、来年調整したいと思います。