FC2ブログ

えっころネット活動記録

こんにちは!えっころネットです!えっころネットでは、高知県西部に位置する幡多地域で、医療・福祉・介護の専門職、関係機関が集まって、ボランティア活動をしています。当ブログでは活動の内容を皆様に紹介したいと思います。

地区学習会(平野地区)

開催日:令和元年5月26日(日)Am10:30~
場  所:平野地区
対  象:健康福祉委員会
内  容:健康について
担当者:長尾
参加者:21名

①
平野地区での地区学習会。10時30分からの予定でしたが、少し早めに行ってセッティング。代表者が暖かく迎えてくれました。久しぶりの出番のため、プロジェクターの調整に手間取りましたが、地区の方も“平野時間”でゆっくり来場。はじまっても後から後から来られ、代表者・世話人含め21名の参加がありました。あらかじめ地区から、講義は30分程度にして、残りはストレッチなどをしてほしいと要望があり、それに対応して行う事にしました。

②
まず初めは後出しジャンケンから。10時30分を過ぎてもまだ続々と来られているので、ちょうど良いウォーミングアップになりました。講義では、皆さん頷いたり相槌を打つなど真剣に聞いてくれました。スクリーンを使っての脳トレ問題も、興味を持って積極的に参加してくれました。どちらかというと女性陣の方が反応・行動が早かったです。脳トレの後はストレッチ。男性陣も抵抗なく行ってくれました。最後の脳トレ体操は、指体操、グーパー体操、手足トントンを行いました。指体操は左右の動きを入れ替えるのが難しくかなり苦戦していましたが、2回目はまずまず行えて、飲み込みが早い!グーパー体操、手足トントンも、上手に出来ないからこそ笑いが起こり、楽しい時間を過ごせました。

③
終了後は、思いがけず昼食をご馳走になりました。本日は親子丼。この地区は月に4回集まり、その内の3回は昼食を出すことにしていて、世話人の方3班で、交代で調理担当してくれているとの事でした。

④
皆で美味しく頂きました!

当日参加者の最高齢は92歳で、とてもお元気そうな人でした。この地区は集会所と家が比較的近いせいか、徒歩で来られている方がほとんどでした。杖を持ってきている人はいないようで、お元気な人が多い地区だと感じました。参加者の中には「ここで人に会えるのが楽しみ」と言っていた人もいました。昼食を終えて帰る前には、数人から声をかけていただき、名札を見て名前を確認され「楽しかった。」との言葉をいただきました。代表者からも「また来てほしい。」と言われ、嬉しく思いました。皆さんとても好意的で、暖かい雰囲気で終える事ができました。
スポンサーサイト

地区学習会(双海地区)

開催日:令和1年5月19日(日)Am10:00~
場  所:双海地区
対  象:健康福祉委員会
内  容:認知症の方への対応・終活について
担当者:芝
参加者:16名

20190519_105847_convert_20190520091904.jpg
今回の地区学習会は、数年ぶりに双海地区に行ってきました。地区に到着すると、数名の方が待ってくれており、今回は男性陣の参加を呼びかけ、「男性陣を待っているところ」、と仰っていました。また、「芝さんが来てくれて嬉しい」と言ってくれ、こちらも嬉しくなりました。
 学習会では、認知症の基本的な症状や認知症の方の心理などについて話し、判断力の低下した方を守る法律(成年後見制度)についても説明し、詐欺にかからないポイントや、少しでもおかしいと思ったら、警察や包括支援センターなど。誰かに相談する事の大切さをお伝えしました。
 終活についての学習会は、エンディングノートの説明、書き方などを説明し、参加者の方々も購入の意志がありそうでした。
 また、終活の一番のテーマ、持ち物整理(断舎離)のポイントも伝えていきましたが、皆さんそのポイントに当てはまるようで、大笑い。勿体ないと置いておくのは…禁物ですね(^^)
質問では、私は捨てたい(整理)けど、持ち物の主であるお義母さんが反対するけど、どうしたらいい?や、私(娘)は捨てたくないけど、親が捨てたい時はどうしたらいい?などの質問があり、このテーマの関心の深さを感じました。また今年度、違うテーマで双海地区へ学習会に入らせてもらいます。
また次回も宜しくお願いします!

地区学習会(名鹿地区)

開催日:平成31年4月20日(土)Pm13:30~14:30
場  所:八束名鹿地区
対  象:健康福祉委員会
内  容:認知症の方への接し方・終活について
担当者:芝
参加者:13名


20190420_141554_convert_20190422092505.jpg

名鹿地区にて「認知症の方への対応、終活について」の学習を行いました。名鹿地区へは2年ぶりの活動でしたが、皆さん覚えてくれていました。
まず認知症の症状(中核症状と周辺症状)について説明しました。そして、認知症の方の心理として、不安に駆られている事が多いので、安心してもらうような接し方が大切であると伝えました。また、被害的な言動があった時や、興奮した時などの対応のポイント、徘徊などの症状がある時の地域の支え合い等、認知症の方が過ごしやすい地域の在り方などについて話しました。皆さんとても真剣に聞いてくれました。
 また、判断能力が無くなった方の財産管理や契約などについて、簡単に「成年後見制度」について説明しました。難しい制度なので、表面上の事だけ伝え、心配な事や不安な事があれば、我慢せずに必ず周りへ相談しようと伝えました。
 就活については、皆さんとても興味があったようでした。エンディングノートについて紹介したり、就活で大変な物の整理についてのポイントなどを伝えました。「いつか使うだろうという物は、たいてい使わない」や「いつか着るだろうは着ない」などと話すと、皆さん心当たりがあるのか、笑いながら隣の方と話をしていました。皆さん家に物が溢れているという感じでした。
 就活の話が一番盛り上がり、楽しい学習会でした。

地区学習会(右山地区)

開催日:平成31年4月12日(金)Am10:30~
場  所:右山地区集会所
対  象:健康福祉委員会
内  容:転倒予防について
担当者:米津
参加者:14名


20190412_113135_(1)_convert_20190415133825.jpg

右山地区の場所は、「右山センター」と言われ、ナビにもGoogleにもあったので安心していると、到着したのは商店でした。慌てて店の方に教えてもらい、時間までに到着出来ました。
入ると、座敷に座り、お茶菓子を食べられていたので、私も座り、井戸端会議のように話をさせていただきました。
筋肉をつけるために栄養が必要なこと、いくつになっても筋肉はつくこと、夜中のトイレに注意する、見え方も変わり、それが転倒に繋がること、姿勢が悪いと転倒しやすいこと、出来る限り遠出をして体の機能を保つこと、などを話しました。
そして、ピンピンコロリで旅立つことが、子供たちにお金を残すことに繋がることを話しました。

とても楽しく、まるで女子会のような学習会でした。

地区学習会(三又地区)

開催日:平成30年10月14日(日)Am10:00~11:00
場  所:三又地区集会所
内  容:終活について
参加者:9名
担当者:芝

20181014_110350_(1)_convert_20181015094447.jpg
今回は久しぶりに三又地区に行きました。この地区には毎年数回伺っており、地区の皆さんもいつも通りの顔ぶれ、元気そうで良かったです。
 学習会の内容は「終活」について行いました。先ずは「終活」とは何かを説明し(今話題なので言葉は皆さん聞いた事がありました)、エンディングノートの話をしました。財産に関する事、医療や介護に関する事、そしてペットに関する事など、自分の希望や要望を、記入できる箇所から記入できる時に書いていったら良い事を、実際のエンディングノートを見てもらいながら説明しました。そして、一番大変なのが「持ち物整理」で、衣類や書籍、趣味で集めた物、写真などの整理を徐々に進めていくことが必要などの話をしました。皆さんとても身近に感じたようで、とても興味深く真剣に聞いてくれ、衣類などの持ち物整理の話では「そうそう、これがなかなか捨てられないのよね~」や「私はもう捨て始めている」など、皆さんの感想で盛り上がりました。そして、自分が病気になった時や介護が必用になった時の在り方、希望などは今から決めて記しておかなければと、皆さん口々に言われていました。
今日は良い話が聞けたと皆さんに言って頂き、そして笑顔を拝見し、こちらも元気をもらいました。
次回は来年になりますが、「成年後見制度」についての学習会を予定したいと思います。

FC2Ad